静岡で人気の期間社員

期間工の求人では主にやる気を見られる

期間工の求人に応募すると、履歴書などの書類を持って面接会場に来るように指示されるのが一般的です。会社によっては事前予約なしで直接会場に行くケースもあるので、求人の文面をよく読んでおきましょう。先着順で予定人数分を採用していくので、早めに応募した方が採用される確率が高いのですが、やる気がない人材と見なされてしまうと不利になってしまう可能性があります。たとえば、期間工の仕事は辛いけれど耐えられるのかといった質問に対して、少しでも弱気な回答をしてしまったら、その時点で不採用になる確率が一気に高まってしまうのです。

とにかくやる気を疑われる言動はしないのが鉄則で、この点は採用されてからの勤務初日まで続くので注意しましょう。期間工として、せっかく遠路はるばる現地まで行ったのに、勤務初日の健康診断と配属先の顔合わせの時点で弱気になったことが原因で帰らされたという事例もあるから、求人に応募して採用されたからといって油断は禁物です。現実的な話として期間工の離職率は高く、期間満了前にドロップアウトする人間が多いことから、受入先の現場では手間暇をかけて研修をする前に再度振るい落としを行っています。求人に応募してから勤務に慣れるまでが期間工の試練と心得て、仮に内心では弱気だったとしても、決して社員などの採用側に知られてはいけません。

ただし、勤務上の問題点や怪我といった業務事項はすぐに報告する必要があるので、言われたことはきちんとこなすべきです。静岡の期間社員のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です