ドライブレコーダーは車中泊キャンプの必須アイテム

最近は、多くの荷物を搭載できるワンボックスタイプの乗用車が普及していますが。ワンボックスタイプの乗用車の中には、シートアレンジをすることで車中泊にも利用できる車種がいくつか存在します。このため、日常生活で利用している自家用車を活用した車中泊キャンプが人気を集めています。車中泊が可能なキャンプ場も存在し、1泊あたり数百円という低価格で電気や水が利用できます。

自動車はドアをロックすることができるので、テントを張ってキャンプをするよりも安全です。それでも、女性が人里離れた寂しい場所に車を止めて車中泊キャンプをする場合は安全対策が必要になります。ドライブレコーダーを活用すれば、1人で車中泊キャンプをする際のセキュリティ対策に効果的です。ドライブレコーダーの中には停車時も記録をする機能が付いているので、夜間にエンジンを停止して車内で睡眠中の間でも使用できます。

車体後部に取り付けるタイプのドライブレコーダーであれば、稼働中に赤いLEDランプが点灯する機種がたくさんあります。ランプの光は小さくて弱いものですが、暗闇の中では車外から光が確認できます。車外からドライブレコーダーのランプが見えることでも防犯対策になり、犯罪やトラブルを未然に防ぐことができるというメリットがあります。自家用車を活用した車中泊キャンプを計画している方であれば、睡眠時の安全対策のために停車中も6時間程度の記録が可能なドライブレコーダーを取り付けることをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *