ドライブレコーダー機能

ドライブレコーダーとは運転中の映像や音声などを記録する車載装置の事です。フロントガラスに取り付け車の前方や車内の映像を録画し保存します。主な用途に交通事故やトラブルが起きた時の証拠になります。ドライブレコーダーの機能については様々なものがあり、人工衛星を利用した測位機能があります。

どのルートを何時何分にどのくらいの速度で走っていたのかを計測します。レコーダーの映像を見るのにGoogleMAPと連携して走行記録を見る事も出来ます。運転していない場合でもエンジンを切った状態でも記録する事が出来ますので駐車している間でも監視出来ています。録画方法については、常時録画とイベント録画があり、常時は走行中は常に記録しています。

SDカードの容量にもよりますが、例えば数時間録画し古い録画したものから上書き保存されていきます。イベントは衝突や急ブレーキなどの衝撃を感知した時に録画します。録画時間は設定にもよりますが、例えば衝撃の感知する前後数十秒間も出来ます。常時録画モードとイベント録画モードの両方を備えたものもあります。

この場合は事故後に数時間運転しても事故後の映像は別のフォルダに記録されます。今は煽り運転が多いし減らないのでドライブレコーダーを設置していると万が一の時の証拠にもなります。ドライブレコーダーを設置する事により自分自身の運転も客観的に見られますので安全運転への意識も高まり交通事故防止に繋がれば良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *