デジタコの平均的な相場はどれくらいになるか

現在タクシー業界や運送業界で注目されているのが、タコグラフというものです。もちろんこれは走行速度や運転していた状況などが記録するための計器。最近増え続ける事故を抑えるために国土交通省が中型以上のトラック全てに、設置を義務付けるようになりました。そのためその導入の際の費用などが圧迫されるような形で苦しんでいる企業なども、多くなっています。

しかしながら現在はアナログタイプだけではなくて、予定したのに記録が保存されていくデジタコも登場しているので、むしろデジタコ導入したことによって、結果的にプラスに働いたというような人たちも多いのが実情です。かつてのアナログタイプですと、紙に記録されていくような形をとっていたためそれを読み取るためにも、知識や経験などがある程度必要になりましたし、さらに日誌などに記録するような際にかなり手間になってしまうという問題点があったのですが、デジタコであればリアルタイムでパソコン上に保存されていくといった点で、そうした労力や手間が省くことができるようになっているためです。さらにクラウドなどと連携することによって、リアルタイムでドライバーの状況などが把握できるようにもなるため、何か新しく仕事が突然入ってきたような時にも的確に誰に割り振るべきか等と言ったことが判断しやすくなっているという特徴があるのです。場合によってはAIなどの力を借りて、自動的に割り振ってくれるなるといったことも期待できます。

問題となる導入費用ですが、1台あたり15万円から20万円程度です。確かに決して安い買い物ではないということは言えますが、一度導入してしまえばずっと使えるものですし、機能など的確に抑えることを注意しておけばかなり安く済ませることなども不可能ではありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *