デジタコでも高額とは限らない

最近はタコグラフの設置というものが国土交通省によって、義務化され大変重要なものとなってきました。これは速度の変化や停止時間などが記録される機械のことですが、アナログタイプのみならずデジタルタイプので、支度なども登場したことによって、大変大きな注目を集めています。アナログタイプであれば神にグラフが書き込まれていくというような形、しっかりそれを読み取らなければいけない等と言った点で大きな手間がかかってしまうという問題点を決めていました。しかしながらデジタルタイプであれば、パソコン常に読み取りやす雷て記録されるといった点で大きなメリットもあるのです。

また急発進急ブレーキなどといった細かな要素まで記録されるようにもなるため、デジタコならば無理な運転をしているドライバーなのに適切な指導などが行う業務が向上するというようなことも期待できるのです。気になるのが導入の際の費用についてですが、大体相場として15万円から20万円程度かかると言われていますので、しかしながらどういった機能が必要か等と言ったことを明確にするして絞り込むことによって、価格はかなり安く導入が可能です。デジタコでもアナログタイプとほとんど値段が変わらない、5万円程度のデジタコもあるというほどですので、しっかりその点についてチェックしておくことも大事です。また国から義務化に伴って助成金などを支給することなどもありますので、その点のチェックも怠らないようにしておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *