デジタコを設置してコストを削れる

最近はタコグラフの設置というものが、運送業界タクシー業界においてとても大切なものになってきています。国土交通省は年々増え続ける事故を防止するため、その事故の状況を正確に把握できるように中型トラック以上のすべての車に設置しなければいけないという義務化されたためです。そのため導入の際などに多くの費用がかかってしまうというようなことで多くの事業者が悲鳴をあげているような状況ですが、実はアナログタイプではなくてデジタルタイプのデジタコが登場してきていることによって、設置することにより売上や生産性がかなりアップしたというような声も聞かれます。アナログタイプの場合であると円盤状の紙を装置に挿入して、グラフを読みとっていくというようなことになりますが、読み取りにかなり深い知識や経験などが必要になるものの、デジタコであれば誰でもすぐに理解できるような形でパソコン上にリアルタイムで保存されていくというようなメリットがあるためです。

またアナログタイプでは限界があった急発進急ブレーキなどといった細かな要素までしっかりと記録することができるようにもなるため、デジタコは無理な運転をしているようなドライバがあったら、適切に運転指導を行うことができるようにはなりその結果燃費の向上などにつながるというようなことも期待できます。問題となる導入費用ですが、確かに一度あたりの自宅終わりに10万円近くが相場となっていますものの、機能などを押さえればあなたことほとんど変わらない細い程度のものから販売されています。デジタコのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *