デジタルタコグラフについて

デジタルタコグラフとは、自動車の運行記録計であるタコグラフをデジタル化したものです。タコグラフとはもともとはアナログで、その車がいつどれだけのスピードを出して走っていたか、あるいは止まっていたのかを記録する装置のことです。仕組みは比較的単純で、タイヤの回転数に連動しているアナログの速度計とほぼ同じようなものであり、ただその速度計の針の先端にペンが付いていて、経時的に動いていく紙の上にペンを走らせて記録していくイメージです。主にトラック、バス、タクシーなど事業用の自動車において、運行管理を目的として用いられています。

ただ、アナログ式ではデータの集積や解析がなかなか容易ではありません。通常は1日24時間で1回転する円盤状の紙の上に記録されていきますが、データは当然ながら人間が目で読み取る必要がありますし、複数日のデータを集積したり、他のドライバーと比較分析したりするのは手間がかかります。そこで登場したのがデジタルタコグラフです。デジタルタコグラフではデータは紙にペンで記録されるのではなく最初から電子データの形で記録されますから、人間が目で読み取ったりする必要がありません。

電子データですから保管も容易ですし、パソコンを用いた解析とか比較分析などとも相性が良いわけです。さらに言えば、単にその車のスピードだけでなく例えばエンジン回転数、走行距離、あるいはGPSと連動させて位置情報も同時に得るなど、アナログ式では達成困難だった数多くの情報を同時に扱うことが可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *