簡単にデータを共有できるデジタルタコグラフの魅力

デジタルタコグラフは、従来までのタコグラフの問題点を改善した非常に魅力的なツールです。元々、タコグラフはドライバーの走行状態を記録できるものとして重宝されているものです。確かに、これが義務付けられているとドライバーの状況を管理できるようになりますので、安全面を考慮してもとても優秀です。しかし、アナログ式のタコグラフは自動的に状況を記録して送信されるものではありません。

きちんとチャート紙を用いて記録を行っていき、そのうえで本部にドライバーからのチャート紙の提出が行われる必要があります。こういった手間をかけた後に、さらにデータをコンピュータなどのデバイスに保存することによって初めて管理できるようになります。一方で、デジタルタコグラフではドライバーの走行記録をリアルタイムで行って送信してもらえる魅力があります。これは、ネットワーク通信を利用して記録を行っていけるからです。

デジタルタコグラフは、クラウドサーバーに対して記録を送信できますので、コンピュータに別途記録を付けていかなくても問題ありません。チャート紙を提出してもらわなくても、直接的に本部に対してデータが送信されるため非常に便利な代物です。しかも、会社のデバイスにデータが記録されているわけではないのでバックアップの心配もありません。クラウド上に保存されているデータは、アクセス権限が与えられた全ユーザーで共有できますので万が一のときを考慮しても非常に便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *