デジタルタコグラフのメリットとは

タコグラフといえば、自動車に取り付けて速度の変化や走行時間などを記録することができる機器としておなじみです。運送や旅客自動車など、一部の業種や車種においては法律によって搭載が義務付けられているほか、一般企業でも営業車の管理などに活用されています。このタコグラフですが、以前はスピードメーターの裏面に取り付けてチャート紙上にペンを走らせることで記録を行う、アナログ式のものがよく使われていました。しかい近年では、メモリーカードなどのデジタル記録媒体にデータを収録することができるデジタルタコグラフが主流になりつつあります。

デジタルタコグラフの導入は、車両管理業務にさまざまな利点をもたらします。その1つは、データの可視化が容易になることです。従来のアナログ方式の場合、チャート紙上に記録されるのは単なる線の軌跡でしかないため、ここから車両の運行状況を読み取るには特別な知識が必要でした。しかしデジタルデータは専用の読み取り装置で解析すればグラフ化、一覧表化などさまざまな加工が可能になるため、誰でもその内容を簡単に理解することができます。

これらのデータは、ドライバーに対して安全教育などを行う際の分かりやすい資料となります。もう1つのメリットは、他のデジタル機器との連動がしやすいということです。現在の自動車には、デジタルタコグラフ以外にもドライブレコーダーやGPSなどのデジタル機器が搭載されていますが、それらのデータを組み合わせることで、運行状況をより詳細かつ多角的に把握できるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *