デジタルタコグラフとは?

デジタルタコグラフとは、自動車の運行記録計のことです。以前はアナログ式のタコグラフを使用していましたが、現在はデジタルタコグラフに置き換わっています。大型トラックやタクシーなどは装着義務があり、現在はクラウドやAIに対応したデジタルタコグラフも登場。デジタコは、いわゆる運行記録を保存するのですが、現在ではドライブレコーダーと連携して映像や音声と一緒にデータを記録できます。

これにより、車両状態や運転手の運転状態を確認し、安全と対策を立てた運行が可能。過去には、オービスのエラーにより違反となるところをデジタコのデータを活用して事なきを得たという事例も報告されています。ドライブレコーダーとデジタコが一体化することにより、事故処理などの分野でも運転者や会社に有利です。運転者もデジタコが搭載されていると見られているという感覚になるため、より安全に注意した運転を心がけることが可能です。

このように、全社的にデジタルタコグラフを採用することにより、運送会社やタクシー会社の経営状態が分かり安定した利益に繋がる事になります。また、ドライバーを守る意味でも、デジタコを採用してデータを共有することは現代では必須となっています。最新のデジタルタコグラフでは、AIによるビッグデータ解析など高度な機能を搭載するものもあります。これは、規模の大きな会社では基幹業務システムと連携することで、さらなる業務の効率化になります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *