デジタルタコグラフは収集できる情報が多い

デジタルタコグラフを導入するメリットは、アナログ型タコグラフでは収集できない情報を得ることができることです。アナログ型のタコグラフでは、速度や走行距離・エンジンの回転数などしか記録することができませんが、デジタルタコグラフの場合は、GPS位置情報やドアの開け閉め・急アクセルや急ブレーキなども記録することができます。最近ではドライブレコーダーと連動しているような機種もあり、走行時の映像を記録しておけるようなものまで登場しています。このようにデジタルタコグラフを使うと、アナログ型のものよりも多くの情報を得ることができるわけですが、これにより、より適切にドライバーの安全管理・運行管理を行うことができるようになるでしょう。

例えば、急アクセルや急ブレーキの情報を取得できれば、ドライバーにそのような危険な運転をしないように注意を促すことができるようになります。GPSでドライバーの位置情報を取得できれば、ちゃんと勤務をしているかチェックができますし、配車なども効率的に行うことができるようになるでしょう。従来のアナログ型タコグラフは、単に運行安全管理をするためだけのツールでしたが、クラウド型デジタコなどの近年の高性能な機種は、業務を効率化できる便利なツールであるという側面が注目されてきています。デジタルタコグラフは導入費用が高いというデメリットがありますが、業務効率化につながるので単純に高いとは言い切れません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *