デジタルタコグラフの魅力とは

運行記録計、いわゆるタコグラフの装着の義務化の広がりとともに、身近な存在となった「デジタルタコグラフ」。このデジタルタコグラフが実用化されたのは1998年のことであり、それ以前に使われていたアナログタコグラフに変わる存在としてますますの広がりを見せています。なお、アナログタイプもデジタルタイプも、搭載車両の運行距離や速度、時間を記録できまるのは共通です。ただし、アナログタイプの場合計測したデータは円グラフで表示されるのが一般的なため、その解析には専門知識がある程度必要でした。

一方で、近年その普及がますます進みつつあるデジタルタコグラフはデータの解析にあたって専門的な知識は一切必要ありません。これは、事前に解析用のソフトやシステムさえ導入してしまえば、記録した内容を誰がみてもわかる文字や数値、グラフなどで表示してくれるためです。そのため、その導入はデータの確認や集計にこれまで必要だった労力を大きく軽減してくれる効果を期待できます。さらに、運転手側の操作も簡単で、メモリカードなどの記録媒体を挿入し記録が終わったら取り出すだけで完了です。

その際には意図的にデータを改ざんするのが難しい点もデジタルタコグラフのメリットと言えます。また、デジタルタコグラフは従来のアナログ型以上にさまざまな情報を手間なく記録することが可能です。距離や速度、時間の法定3要素に加えて急加速や急原則、燃費計算、GPS情報なども自動で記録できるので、勤怠情報を正確に把握できる点もメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *