デジタルタコグラフは業務の効率化にも最適です

タコグラフは自動車の運行記録ができる物で、従来型はアナログタコグラフというのが活用されていました。国産のタコグラフが登場したのは1960年代と言われており、タクシーのメーターなども生産していった時期となっています。こうした運行記録としてのアナログタコグラフの利用は主にタクシーやトラックに搭載されており、チャート紙を読んでデータをまとめる記録作業の専門性も特徴でした。さらに2000年代に入ると登場したのがデジタルタコグラフという機器で、紙の記録紙ではなくメモリーカードなどの媒体を使用してデータを管理できるようになりました。

デジタルタコグラフになった事で、運転日報などの作成もスムーズになりますし、事務所側としては運行データの管理がしやすくなったのがメリットです。またデジタルタコグラフは国土交通省による義務化の流れが進められており、最低限でも法定三要素は搭載している事が推奨されています。従来のアナログタコグラフを活用していた事業者にとっては、コスト面でも大きな負担となりますが、デジタルタコグラフの利便性を考えると営業面でのメリットも多数ありますので、検討するに値はするでしょう。またデジタルタコグラフは速度や運行時間などの法定三要素以外にも、ドライバーの勤怠状況や休憩時間の管理などもできます。

これによって時間外労働などの長時間拘束の防止にも繋がりますので、ドライバーの安全と健康を守るという面でも注目されています。デジタルタコグラフのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *