クラウドでデジタコのデータを管理できる

今までのタコグラフは、データの管理がアナログで難しい側面がありました。

元々、タコグラフはチャート紙を利用して記録を付けていくことになりますので、そのチャート紙を分析して管理することによって、ドライバーの走行状況を確認できたという背景があります。しかし、あくまでもチャート紙を利用して管理するため、デジタルなデバイスと異なってデータのバックアップができるわけではありません。この点、クラウド型のデジタコを利用すれば、データの管理を容易にできるようになります。クラウドの利点は、リアルタイムで記録を行うことができるため、記録とバックアップを同時に行うことができるという点です。

手段を分ける必要がなく、一度で全ての管理を行うことができますので、非常に便利なサービスです。実際に、クラウドのデジタコの場合は積極的なドライバーの協力も必要になりません。アナログ式のタコグラフでは、ドライバーがチャート紙を提出してくれないと走行記録を入手できないという背景がありました。非協力的なドライバーの場合には、状況が分からなくなってしまうトラブルもあったため、デジタコのようにドライバーの協力が無くても記録できるサービスは非常に有意義です。しかも、クラウド上で管理ができるため特定のデバイスに限らずにデータを共有できるメリットがあります。クラウドのアクセス権を渡しておけば、必要なユーザー同士で情報をすぐにでも共有できますのでとても効率的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *