ドラレコとは「ドライブレコーダー」のことです

最近の新車購入時には、ドラレコを最初から導入するという人が増えてきています。

このようにドラレコの設置が普及する中、車の買い替えが不要な場合は、まだつけていないという人も少なくないのが現実です。ドラレコとはどんなものなのかということも、よく分からないという人も多いでしょう。ドラレコとは、自動車の前方や後方で発生する事故などの様子を録画しておくための装置です。近年増えつつある「あおり運転」の被害を立証することができるため、その設置普及率が上がっていると言えます。ドラレコの設置場所は、フロントガラスやリヤガラスの中央上部、後部ナンバープレートなどが多いです。

エンジンの始動とともに録画が自動的に開始されますので、ドライバーがドラレコのオン・オフをいちいち気にする必要はありません。日常的には通常録画モードとなっていますが、走行中に限らず停止中(エンジンオフ)であっても車体に衝撃を感じた場合などには、イベントモードで録画を開始し記録します。この場合、エンジン始動時に録画有りという旨を知らせてくれますので便利です。また、中には走行速度やGPSデータを記録することが可能なドラレコもあります。実際の録画機能だけでなく、ドラレコのレンズが外部から確認できることで、トラブルを回避する役割も担っています。ドラレコとは、ドライバーにとって空気のような存在でありながら、今ではなくてはならないものとして認識されていると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *