日本国内で主流のドラレコとは

ドラレコというアイテムをご存知ですか。

正式名称はドライブレコーダーと言い、今では日本だけでなく世界各国の自家用車から商用車にまで搭載されているデジタルカメラの一種です。ドラレコとは安全に車を走行させるための必須アイテムといえる存在で、積極的に導入していくことが望まれます。日本では2015年以降、「あおり運転」と呼ばれる危険運転が横行し出しました。あおり運転の検挙数は2019年度で約5、300件もの数にのぼっており、如何にして抑制するのかが課題となっています。

2020年7月1日には道路交通法が改正されて、あおり運転をした者に対して厳罰を科すことが提示されているほどです。ドラレコとはこの危険運転を抑制できるアイテムでもあり、警察庁でも積極的に導入を推進されています。日本国内で主流のドラレコとは、液晶画面サイズが3インチのフロントとリアウィンドウに設置するコンパクトタイプのドラレコです。家電量販店やネット通販で1万円前後で販売されているものが人気となっており、メモリーカードを使用して映像を記録できます。電源はシガーソケットから取ることができ、エンジンと連動させられるので走行中は自動で録画をしてくれます。さらに振動探知機能を有したものもあり、車上狙い等で車を激しく揺らされた時にも車内・車外の様子を録画して犯人検挙に努めることが可能です。ドラレコとは自動車を運転・所有している方の安全を保つためのアイテムであり、危険運転や車上狙い等の危険から身を守れるものといえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *