必須と言われる様になったドラレコとは

ドラレコとはドライブレコーダーの略です。

自動車の前方、もしくは前方と後方を撮影しており、事故などが起きた際に誰が見ても分かる大きな証拠映像になります。昔から業務用の車、トラックやタクシーでは使われていましたが、値段も安くなってきて一般の人も使う様になってきました。娯楽の観点からも、車載カメラというのはドライブの追体験が出来るため、旅行に行ってきましたと言って動画サイトにその動画を上げている人もいました。この使い方が正しい使い方だと言いたいところですが、やはりまだ副次的な利用方法と言えます。事故の証拠として威力を発揮すると言いましたが、近年問題になっている、あおり運転問題に対応するのにも効果的です。

あおられた側が被害者なので、ドラレコとはそちらに付いている必要があります。もし警察沙汰になった場合、どのくらいのあおりだったのか、それは本当に問題とするレベルだったのか、きわどいところで、これを言葉で説明するのは難しいです。そして記憶頼りだとあやふやになってしまうところもありますし、相手も反論してきます。明らかにやられたのにそれに何も言えない事ほどストレスな事はありません。ドラレコとはそこに完璧な証拠を突き付ける道具です。前方にも後方にもカメラが取り付けられている方が良いでしょう。また、音声も撮れるものが最適です。事故は仕方ないとしても、この様な用途に有効活用出来てしまうのは悲しい話ですが、実際悪くないのに悪者にされる事も多い昨今、自衛は必要なのでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *