車載装置の1つ・ドラレコとは

ドラレコとはドライブレコーダーの略で、おもに車の運転中に映像や音声などを記録しておくことが出来る車載装置です。

もともとはタクシー業界や運送業界などで良く利用されていたり、企業が仕事に使用している車に取り付けられることが多かった物でした。しかし車の運転中のトラブルや事故が話題となることが多い近年では、一般の人達の間でも広がりを見せていて個人が乗用に利用する自家用車に取り付けて使用されることも多いアイテムです。車に取り付けて使用するアイテムというとカーナビの方が一般的かもしれませんが、ドラレコとはこれからまだまだ普及率が増えると考えられている車載カメラです。基本的には車のフロントガラスのところに取り付けることになります。

そして取り付けたカメラで、その車の前方の映像を録画して保存しておくことができます。車の前だけでなく、車内の映像も同じように録画から保存まですることができたりもするアイテムです。ドラレコとは映像を録画する機能だけを持つと思われることも多いアイテムですが、実は録画だけでなく、色々と機能がついている場合も少なくありません。例えばGPSのデータも記録できたり、運転中だけでなくエンジンを切って駐車しているときに録画できたりする製品もあります。さらに操作の仕方を音声で案内してくれる機能を持つものなども売られています。このようにドラレコとは、運転中や駐車中の様々な情報を記録できる便利なアイテムです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *