価格の違いをよく知ってデジタコを使いこなそう

最近はタクシー業界や配送業界などにおいて、タコグラフが大変注目を集めてきています。

近年無理な運転による死亡事故や重症事故などが多発していることを心配した国土交通省が、その設置を義務付けるようになったためです。ソロタコグラフを設置する上で注意しておきたいのは、現在はアナログタイプだけではなくデジタルタイプのデジタコもありそちらが大変便利であるということです。デジタコであればリアルタイムで運行状況などが記録されていくため、しっかりとドライバーがどこにいてどのような運転をしているかといったことが把握することができるようになります。

また急ブレーキであるといった無理な運転をしているような場合にそれも記録されるようになるため、適切なドライビング指導なども可能になります。無理な運転をするドライバーが安全走行が心意識が高まるため、事故なども削減できますし、燃費などが向上するということが期待できるのです。しかしデジタルタイプであれば、それなりに価格がかかってしまうのではないかと心配している方もいらっしゃるかもしれません。確かにデジタコの平均価格としては、15万円から17万円くらいかかります。多機能なものにすればするほど価格は高くなります。しかしながらアナログタイプぐらいの最低限の記録さえできればいいというものであれば、ほとんどアナタコと変わらない価格でも販売されていますので是非そちらをチェックしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *