クラウド型デジタコの良いところ

車両の運行情報をデジタルデータとして記録できるデジタコは広く利用されています。

どんどんと義務化の範囲が広がり、必要不可欠なものとなりつつあります。事故の抑制や運転スタイルの改善などのメリットを考えると、その流れもうなずけます。デジタコは各社から数多くの製品が販売されています。そんな中でよく目にするのがクラウドという文字ではないでしょうか。最近、いろいろなサービスがクラウド化されていますが、どんな良いことがあるのかをいくつかあげてみます。

まず、サーバーを自社に設置しなくても良い点があげられます。サーバーを購入するとなると結構な費用がかかります。また、サーバーを稼働させ運用・保守をしていくには、専門的な知識が不可欠です。サーバーについて考えなくて良いのは大きなメリットです。インターネットにさえ繋がれば利用できる利便性の高さも魅力的です。従来、デジタコの情報はSDカードに保存するものが多かったのですが、クラウドではインターネット経由でサーバーに保存します。このことはデジタコの情報がリアルタイムで共有できることを意味します。導入のハードルが低いこともクラウドの良いところです。初期費用がかからず導入できるサービスは少なくありません。月額使用料だけを定期的に支払えば、継続的にサービスを利用することができます。通常、無料トライアル期間が設けられていて、実際にサービスを使ってみることができるようになっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *