普及されているクラウドデジタコ

デジタコはトラックが走行している間に計測されたデータを把握し、走行距離や速度、停車時間などを計算することができます。

以前はSDカードやUSBメモリーといった記録媒体において保存されていました。そのためトラックが帰ってきた場合、運転手はその記録媒体を取り出して事務所に設置されているパソコンに接続し、データを抽出する作業が多かったです。トラックは走行している計測データを随時管理者が見ることができず、管理者が運転手に対してデータに基づいた的確な指導をリアルタイムにおいて実施することができませんでした。このようないろいろなデジタコの問題点をクリアにあるため、近年はクラウド型デジタコが普及されています。クラウド型デジタコの場合、トラックが走行している最中に記録したデータをモジュールを通して、4Gなど無線回線からインターネットにあるクラウドストレージにおいて随時蓄積することが可能です。

蓄積されたデータは管理者がストレージに対してアクセスし、リアルタイムでデータを得ることができます。取得したデータをソフトにてグラフ化することができ、業務効率化にも繋げることが可能です。管理者は燃費の悪い運転を行ったり、休息をとらない連続運転などに対して注意することができます。業務時間中に指摘したり指導することができ、記録媒体を事務所のパソコンに移動するという作業が不要になりました。時間を節約することができ、記録媒体を紛失したといったトラブルを予防することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *