クラウド型デジタコは単なる記録計ではない

これからタコグラフを導入するなら、クラウド型のデジタコがおすすめです。

もともとタコグラフは、事業用車両の交通事故を防止するために、一定規模以上の事業用車両に設置が義務付けられたもので、走行距離や時間などを記録し、ドライバーに安全運転を励行させるためのものでした。

昔はチャート紙にデータを記録するアナログ式のものが主流でしたが、そのうちデジタル式のタコグラフ、いわゆるデジタコが登場し、さらに昨今ではネットワークに接続して利用できるクラウド型のものが登場してきています。クラウド型デジタコは様々な便利な機能を備えており、速度や距離だけを記録する昔のタコグラフの枠をもはや超えるようになってきていると言っても過言ではありません。例えば、ネットワークでそれぞれの車両の運行情報などをリアルタイムに把握することができるようになるため、より効率的な配車や運送が行えるようになります。実際にクラウド型デジタコを導入したおかげで、業務効率がアップしコスト削減・売上げアップに役立ったという事例も少なくありません。

タコグラフの導入は、昔は法律で決まっているから嫌々ながらやっていたというのが実態でしょう。今のクラウド型デジタコは、単なる記録ツールではなく、運送業務を効率的にしてくれる素晴らしいソリューションツールに進化しているので導入して損はありません。早く導入して活用した方が賢明でしょう。たしかに導入コストがかかるという問題はありますが、導入によるメリットの方が大きいのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *