クラウドのデジタコでは簡単に情報を得られる

デジタコは、タコグラフをデジタル化したもののことです。

従来までのタコグラフには、いくつかの問題点が存在していました。まず、リアルタイムで情報を閲覧できるわけではないという点です。タコグラフは、トラックなどに設置することによってその運行情報を記録していくことに意味があります。当然ですが、実際に記録をしないと情報を閲覧することができませんので、手元に情報が入ってくるのはその運行が終わった後になります。時間がかかってしまう分、手間や面倒さが存在します。デジタコでは、こういった問題点を容易に解決できるメリットが存在します。これは、クラウド型のサービスを導入しているからです。

リアルタイムでクラウドから情報を収集できるようになっているので、そこにアクセスできる権限が存在すれば誰であっても情報を見られます。また、それまでのタコグラフにあったドライバーとのトラブルも発生する可能性が低くなります。アナログのタコグラフは、トラックに乗車しているドライバーが記録をしている用紙を提出しなくてはいけませんでした。言い換えると、ドライバーが非協力的だとその情報をもらうことができない状況です。こういった問題点も、クラウド型のデジタコならば解決できます。クラウドサーバーでは、リアルタイムで情報が記録されますのでドライバーの情報提供は必要ありません。準備を整えればすぐに本部に記録がいくので、とても使いやすいシステムになっています。
クラウドやデジタコのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *