義務化に備えたデジタコの選び方

運送業界では現在タコグラフの搭載は義務化されていますが、デジタコはその対象とはなっていません。

実際にはデジタコに搭載されている運行記録の機能を搭載していることで義務化の条件を満たしていると言うことになっていますが、デジタコの機能はそれだけではなく、様々な機能を持っているため、今後はこれらの要素が義務化される可能性があると考えられます。その中でも最も可能性が高くなっているのは、ドライブレコーダーとの連携です。近年では高齢者の運転操作の誤りによる交通事故や煽り運転などが非常に増える傾向にあり、そのためにドライブレコーダーは必須の装備となっている傾向があります。業務用の車両に関してもその傾向が非常に強くなっており、実際の運送業務に大きな支障をきたすこれらの運転行為を明確に記録するためにも、その存在が非常に重要なものとなっているのが実態です。

しかし現在の運行記録の義務化の条件では、記録される情報は車両本体の様々な作動に関するものが中心となっており、周辺の状況に関する情報は網羅されていないのが実態です。そのためこの運行記録だけでは様々な状況に対応することができないと考えられており、近年のデジタコでは様々な付加機能が搭載されており、その中には安全運行に関する重要な機能が含まれていることも少なくありません。そのため、現在の運行記録に加えて様々な情報を追加した形で新たな義務化の方針の立案が検討されているため、これを予測してデジタコを選ぶことが重要となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *