デジタコ設置の義務化がもたらすものとは

交通事故の削減や事故原因の究明を目的として、トラックやタクシーやバスなどの営業に供する車両には運転を記録することが義務化されていて、すでに義務化されていた大型の車両だけでなく、総重量が7トンから8トンの車両のうち最大積載量が4トンから5トンの事業用貨物車両も対象になっています。

公道を走る機会が多い営業車両の運行を調べることで、交通事故が起こった際の原因の究明などが適切に実施でき、安心と安全が期待できるようになりました。タコグラフの信号処理をデジタル化したモデルがデジタルタコグラフであり、通称デジタコと呼称されます。アナログ式タコグラフは、走行速度や距離などはチャート紙に直接記録する方法でしたので、得られる情報には限りがあって、事故発生時の状況把握や原因究明にはあまり役に立ちませんでした。これがデジタコであれば、従来から記録される走行距離や時間や速度などの情報に加えて、GPSを用いた位置情報までもが加わり、これらがデーターとしてメモリーカードなどの媒体に保存されることになります。

データーの分析により運転手固有のくせから、アイドリングストップの実施や加速や発進の度合いなどまでがわかり、営業車両には必須である乗降扉の開閉の頻度と適切な実施状況までもがわかってきます。万が一事故が発生した場合の原因究明に役立つだけでなく、運転手のマナーの実施状況や安全への取り組みや環境に配慮した燃費を向上させようとする態度でまでが見えてきます。事業主には運転手のマナーなどの社内教育や、環境に配慮した組織づくりの実現、働き方改革への取り組みまでもが求められています。義務化されたデジタコを設置することで、得られた情報の分析を行って安全の確保と安心の向上だけでなく、顧客満足度と労働条件の向上も期待できるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *