デジタコの義務化で健全な労働環境が整備されています

大型トラックやタクシーなど、仕事上長距離を走行する車両にはデジタコの搭載が義務化されています。

このことは、一般の乗用車のドライバーの中には知らない人もいるかと思います。そもそも、デジタコとは一体何なのかを知らないという人もいると思います。難しい装置だと思っている方も多いかもしれませんが、実際にはとてもわかりやすく、操作も簡単な装置になっています。デジタコとは、搭載された車両の走行距離やその時間、機種によってはGPSを使用して現在地を知ることもできるものです。正式名称はデジタルタコグラフと呼ばれる装置です。長距離ドライバーに関する様々なデータを計測することが出来る為、労働環境を調査することが可能となっています。

これを上手に活用することで違法に長距離を長時間走行させていないかを調べるとともに、長距離を走って疲労困憊になった時に起こる事故を減らす為に搭載を義務化しています。とはいえ、搭載したからといって会社に大きなデメリットがあるわけではなく、相応のメリットも多くあります。例えば業務日報を今まで手書きしていたところを、デジタコで簡単に作成できるようになったり、GPSで現在地を知ることが出来る為ドライバーが今どこを走行しているかを会社は瞬時に確認することができます。また、走行状況を会社が知ることができる為、ドライバーの安全に対する意識も高くなります。このようにデジタコ搭載の義務化は様々なメリットがあり、交通状況の改善にも繋がっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *