義務化が進むデジタコに対応しよう

デジタコは、タコグラフをデジタル化したもののことです。

元々、タコグラフとは自動車の走行時間や速度などを記録するための機械として提供されました。タコグラフの利点は、客観的に運行状況を簡単に確認できるという点です。実際に、正式名称は運行記録計といいますので、走行状況を記録してそれを活かすために存在していたものです。従来までのタコグラフは、チャート紙などを利用してアナログ式に記録していかなくてはいけない不便さが存在しました。その場で記録することはできますが、その記録を閲覧することがすぐにできるわけではなかったため、安全上などを考慮しても難点が存在していたという背景があります。

デジタコの利点は、こういった運行状況をリアルタイムで確認できる点です。デジタコが義務化され始めたのも、クラウドサービスを利用したリアルタイムの情報の閲覧にあります。アナログ式の場合は、あくまでもドライバーからの返却を元に成り立っていました。しかし、ドライバーからチャート紙の返却が存在しないと、そもそも有効活用することができないというデメリットもあります。そこで、クラウドサービスを利用したデジタコの義務化が進められました。クラウドサービスは、アクセス権限が存在する人であるのならば誰であってもその場所にアクセスできるのが利点です。24時間パソコンで情報を閲覧できますので、これを義務化することで効率的に情報を管理できるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *