デジタコ義務化に伴うさまざまなメリット

デジタコの義務化が設定されたことによって、装着している企業はますます増えています。

デジタコにはいろいろなメリットがあり、例えばドライバーの安全管理を徹底することができ事故を削減することが可能です。乗務日報は急加減速や急なハンドル、アイドリング時間などドライバーのいろいろな運転情報がすべて記録されています。情報をベースにして運転癖を見直すことができたり、事業社は効果的な運転指導を行うことが可能です。安全運転レベルも数値化できるので、ドライバーの運転スキルを見直すことができたりスキルアップの意欲を望むことができるでしょう。デジタコが義務化されたことによって、作業の効率化を前進することが可能です。従来のような手書きで書いていて日報をデータから読みとることができ、自動的に作成することができます。

荷積や荷卸の作業場所、作業区間の移動距離や高速走行区間などを把握することができ、乗務員が事務所で手書きする手間や時間を削減することが可能です。労働時間短縮に繋げることができたり、義務化されたことにより労務管理の徹底して行うことができるようになりました。自動的に時間を計算する機能によって、正確な運転時間を把握することができ、運送事業者の改善基準告示などを確認する機能を搭載したものもあります。配車効率を上げることができ、トラック位置を把握しているので急に荷積が発生した場合、最短距離を走行しているトラックに指示することができるので便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *