デジタコの義務化がもたらすもの

デジタコ装着の義務化は広く認知され、新たに「事業用自動車総合安全プラン2020」が策定されました。

プラン2020では高い目標が設定されており、ICT技術などの普及が促進されています。国交省はデジタコ義務化の将来について、ドライブレコーダーやアルコールチェッカーとの連動を視野に入れています。加えてIC免許証活用により、運転者ごとの運行管理なども目指されているわけです。それにより遠隔地でもリアルタイムで運行管理が行えるので、事故防止運行モデルの実現につながるわけです。その他、ビッグデータなど高度な技術を使いながら、次世代デジタコの開発及び普及が図られると言えます。国交省は検証データーを収集しながら、運行管理の高度化を目指す方針です。デジタコ義務化により、様々なタイプが登場しています。その中でも、国交省が推奨するのが次世代高機能型タイプです。同タイプは詳細な情報を一元管理できるのが特徴です。

これはクラウド式の高機能・多連動モデルとなり、ドライブレコーダーと一体となっています。次世代高機能型はアルコールチェッカーとの連動をはじめ、居眠り防止機能なども搭載されています。さらに荷室の温度管理や車線逸脱管理など、様々な監視機能と連動可能です。走行に関してはタイヤの空気圧も監視できるので、安全性向上に大きく貢献できるタイプと言えます。上位機種のデジタコであれば、帳票類の自動作成など利便性の高い機種が揃っています。業務報告もクラウド上で行えるので、ドライバーの負担を大幅に軽減できるわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *