義務化されたデジタコを有効活用

事業用自動車総合安全プランが策定されたことで、デジタコの装着義務化が活発になっています。

新たに策定されたプランでは、トラックによる死者数を200人以下し、人身事故件数を12、500件以下にすると目標が設定されました。この目標を達成するため、ICT技術の開発や利用が普及していて、安全な輸送を実現するためいろいろな計画が打ち出されています。国土交通省は今後もデジタコの義務化を推進していき、アルコールチェッカーと連携したり、IC免許証などを利用して運行記録を管理する予定です。義務化することによって高度な運行管理を実施することができ、次世代デジタコの普及に取り組んでいます。いろいろな種類のデジタコが販売されていて、例えば詳細な情報を管理することができる高機能・多連動モデルがあります。

クラウド式やドライブレコーダー一体型が主流になっていて、アルコールチェッカーと連動したり、居眠り防止や荷室温度、タイヤ空気圧などについてさまざまな項目を管理することが可能です。位機種タイプもおすすめで、クラウドやSDカードを利用することができ、一体型や連動型などを選択することができます。多岐にわたるいろいろな機器と連動することができ、帳票類などをきちんと管理することが可能です。シンプル機種タイプもあり、デジタコが初めての人に向いています。管理が楽なエントリーモデルになっていて、法定三原則の取得に特化したり簡単な運行管理を行うことが可能です。ワンタッチ操作で行うことができ、ボタンを押すだけという簡単ものがあるので便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *