デジタコ設置は義務化されているのか

タコグラフの設置は、一部の車両では義務化されています。

具体的に言えば、車両総重量7トン以上か、または最大積載量4トン以上の事業用トラックで、これらの車両には必ずタコグラフを設置して運行状況の記録をとっていかなければなりません。義務化されている車両を使用しているにも関わらず設置をしていないと、車両使用停止などのペナルティを課される場合があるので気をつけましょう。タコグラフ設置の義務化は、徐々に対象が拡大されてきたという歴史があります。所管官庁である国土交通省は、もっと対象を拡大したいと考えているようなので、もしかしたら今後も対象が広がっていく可能性があります。対象を拡大させたくないならば、ドライバーがみんな安全運転を心がけ悲惨な交通事故を起こさないようにするしかありません。

タコグラフには実は2種類あります。アナログ式とデジタル式のもので、それぞれ「アナタコ」「デジタコ」などと呼ばれています。お勧めなのはデジタコの方で、これから設置するなら絶対にデジタコの方がいいでしょう。アナログ式のものだと、速度や走行距離など基本的な情報しか記録することができませんが、デジタコはどんどん進化していて、便利な機能がたくさん搭載されるようになってきています。例えば、GPS機能でトラックの位置をリアルタイムで把握できたり、自動日報作成機能がついていて仕事の時短に貢献してくれたりします。最近ではドライブレコーダーと連携できるようなものもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *