タコグラフ装着義務化とデジタコの普及

平成21年に事業用自動車総合安全プラン2009が策定されて以来、トラックなどの大型車にタコグラフの装着が義務付けられてきました。

現在では、車輛総重量7t以上(最大積載量4t以上)の事業用貨物自動車にはデジタコかアナログのタコグラフをつけることが義務化されています。その結果、死亡事故は減少傾向にあるものの、それでも未だ死亡事故は当初の目標よりも減っていないのが現状です。そして平成29年6月、世界一安全な輸送サービスの実現のために国交省は「事業用自動車総合安全プラン2020」を策定します。トラック事故による死者数を200人以下、人身事故件数を12、500件まで減らすことを目標に、荷待ち時間の記録を義務化されるようになりました。ドライバーは運転している時間だけでなく、荷待ちなど運転していない時間の拘束もあり、それが運転手の長時間労働にもつながっているからです。

通販の利用が急増し、運送業は常にフル稼働をしているにも関わらず、荷物を運ぶドライバーの人手不足は深刻というのが運送業界の喫緊の課題でもあります。だからこそ物流の流れを止めないためにも運転手の安全を確保することと、道路の安全確保は急務の課題であり、それが業務効率を上げるのにもつながります。運行管理の向上を図るためにアナログ式よりもさらにデータが多くとれるデジタコを装着を呼び掛けています現在装着を義務化されているトラックによる事故減少が見込めなければ、更に現在は装着義務のない2t車や事業用車として登録されていない車にもデジタコの装着が義務化される可能性があります。
デジタコの義務化のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *