レーザー脱毛と光脱毛

クリニックの医療レーザー脱毛は、よく脱毛サロンの光脱毛と比較されます。

実際、施術の内容や効果、メカニズムなどはどちらもよく似通っていますが、レーザー脱毛の場合には医療行為として許されている、毛根の破壊が可能となっていますので、永久脱毛と呼ばれています。一方、光脱毛は組織を破壊することができないため、出力は弱めに設定されており、繰り返し処理を行うことで毛根にダメージを蓄積させる方法となっています。

レーザー脱毛は、高出力の処理が可能な反面、肌への刺激も強くなります。ムダ毛の原因である毛根の色素に反応するレーザーを当てているとき、加熱された毛根の熱が肌に伝わって火傷のような症状になる可能性がありますし、肌が日焼けしていたり、色が黒くなっていてムダ毛との差がはっきりしない場合には、調整を間違えると肌も過熱されてしまいます。そのため、施術を行うときにはしっかりと肌色やムダ毛のタイプを確認し、その都度出力を調整して処理していきます。

また、光脱毛と比べると、レーザー脱毛は痛みや刺激を強く感じやすいですが、冷却ガスや麻酔などで痛みを和らげることが可能ですの、で、事前に相談してみましょう。施術にかかる料金はサロンよりも高額になりますが、施術効果が高いため、サロンの処理で満足できないときには、早めにクリニックに切り替えたほうが、結果的には費用を最低限に抑え、満足度の高い脱毛を完了させることになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *